文献・臨床

寿命と運動量に対するクリルオイルの効果:パイロット試験

寿命と運動量に対するクリルオイルの効果:パイロット試験

揚げ油に含まれる極性化合物(揚げ油の劣化によって生成される物質)による線虫に対する効果を、クリルオイルを用いて検討したところ、クリルオイルは極性化合物が引き起こす負の変化を著しく回復することが明らかになりました。

クリルオイルは線虫のエネルギー代謝を改善し、極性化合物による酸化ストレスおよび興奮毒性を緩和することが示唆されました。

 

※興奮毒性・・・神経伝達物質による刺激が過剰に起こると、神経細胞が興奮しすぎて刺激に耐えられなくなり損傷や死滅が起こります。アルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症といった神経変性疾患の原因になっていると考えられています。

 

「The effect of krill oil on longevity and locomotion: a pilot study」

Molecular Omics.2022 Mar 28;18(3):206-213.
 
Jiachen Shi 1, Yanan Wang 1, Fan Jiang 1, Yuanfa Liu 1, Yong-Jiang Xu 1
1.食品科学技術国家重点実験室、食品科学技術学院、機能性食品国家工学研究センター、穀物発酵技術国家工学実験室、江蘇省食品安全・品質管理共同イノベーションセンター、江南大学、中国

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2022.02.26
ビフィズス菌F1-7とクリルオイルの組…
クリルオイルとビフィズス菌の組み合わせ…
オススメ記事
2018.10.30
フィッシュオイルで噂の筋肉BODY美人…
美肌づくりやアンチエイジング、髪の健康…
エンタメ
2019.04.25
あのひとが若く見えるのは食生活のおかげ…
欧米の人々から見ると、日本人は年齢不詳…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!