健康に大事な成分

ゼラチン

ゼラチンは、動物の皮膚や骨、腱などの主成分であるコラーゲンに熱を加えて抽出したもので、タンパク質が主成分となります。

ゼラチンを摂る=コラーゲンを摂る!?

つまりゼラチンを摂るということはコラーゲンを摂るといことになります。このコラーゲンは、タンパク質の一種で皮膚や骨などに主に存在し、血管や臓器など幅広く使われています。

加齢とともに失われるコラーゲン

コラーゲンは加齢とともに現象していきます。コラーゲンの不足によって肌のハリが失われるだけではなく、骨や関節ももろくなったり、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。
人間の体は食事をした際に食物を分解し、栄養素と老廃物に分離します。この際にコラーゲンもコラーゲンとしてではなく、コラーゲンを構成するタンパク質に分解します。これを再び人間の体に取り入れることでコラーゲンとして生成されることが期待できます。

接着剤から生まれたゼラチン

ゼラチンが出来たきっかけは、元々は膠という古来から使われている接着剤が始まりです。この膠もゼラチンも元は同じ材料を使っていて、純度が高く医療用や薬品として使用されるのがゼラチンです。
疲労回復を始めとした様々な効果が期待できるリジン酸が豊富
含まれる栄養素としては、必須アミノ酸のリジンが多く含まれます。リジンはタンパク質全体の吸収を助け、代謝をアップし、疲労回復をサポートします。
また肝機能の維持や、免疫力の維持、毛髪の健康維持にも効果が期待できます。
加齢などによって衰えのきやすい体の不調をサポートする働きがこの必須アミノ酸のリジンにはあるのです。

加工食品の調味料に注意したいゼラチン

ゼラチンは無味なため、ゼラチン単体で食されることはほぼありませんが、ゼリーなどの凝固剤として使われることが多い食品です。
多くの場合は果糖などの糖分とともに摂取することが多いため、一緒に使われる調味料の内容と種類には注意を払いたいところですね。
食品以外でも、医療、健康分野では医薬品、健康食品のカプセルとしても使用されます。

ゼラチンはとても身近な食品なので、栄養バランスを考え効果的に摂取したいですね。

ゼラチン(コラーゲン)サプリメント


ゼラチン(コラーゲン)が多く含まれる食品

健康に大事な成分

どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング