オススメ記事

クリルオイルはアセトアミノフェンの過剰摂取による肝障害から肝臓を保護する

クリルオイルはアセトアミノフェンの過剰摂取による肝障害から肝臓を保護する

アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤として世界中で最も使用されている薬剤の一つである。アセトアミノフェンは、過剰摂取により、急性肝障害を引き起こす可能性があり、近年、アセトアミノフェンによる肝障害に対する科学的研究が行われている。

本研究では、アセトアミノフェンによる肝障害に対するクリルオイルの効果を検討した。

対照群とアセトアミノフェン群に蒸留水を、クリルオイル群およびアセトアミノフェン+クリルオイル群には500 mg/kgのクリルオイルをそれぞれ14日間経口投与した。14日後、対照群とクリルオイル群に生理食塩水を、アセトアミノフェン群とアセトアミノフェン+クリルオイル群には220mg/kgのアセトアミノフェンをそれぞれ投与した。

肝細胞におけるWif-1遺伝子発現率(増加すると、肝障害に関連するいくつかの状態が引き起こされる可能性がある)は、アセトアミノフェン群でコントロール群、クリルオイル群に比べて有意に増加した。

肝細胞における8-OHdG発現率(DNAが酸化ストレスによって損傷される際に生成される物質。酸化ストレスは、肝疾患の発症や進展に関連している)は、コントロール群、クリルオイル群、アセトアミノフェン+クリルオイル群に比べ、アセトアミノフェン群で有意に増加した。

その結果、クリルオイルはアセトアミノフェン中毒に対する微小環境の抗酸化状態を高める可能性があり、クリルオイルによって細胞の異化が停止したため、細胞機能は正常範囲内で機能したと考えられることから、クリルオイルはアセトアミノフェンによる肝障害から保護するための栄養補助食品として使用することができる。

 

「The effect of krill oil on Wnt/β-catenin signaling pathway in acetaminophen-induced acute liver injury in mice」Turkish Journal of Biochemistry.May 29, 2023                                 Yaşar Şahin 1、Alparslan Kadir Devrim 2、Mehmet Eray Alçığır 3、Ali Şenol 4、Hüsamettin Ekici 5、Tuba Devrim 6、Mert Sudağıdan 7、Ebru Yıldırım 1、Miyase Çınar 4、Merve Bişkin Türkmen 3 、Seydi Ali Peker 8
1クルッカレ大学獣医学部薬理学および毒物学科、トルコ
2.メネメン専門学校、イズミルバクルチャイ大学、トルコ
3.クルッカレ大学獣医学部病理学科、トルコ
4.クルッカレ大学獣医学部生化学科、トルコ
5.クルッカレ大学獣医学部、トルコ
6.イズミル・バクルチャイ大学医学部病理学教室、トルコ
7.コンヤ食品農業大学Kit-ARGEM R&Dセンター、トルコ
8.クルッカレ・ユクセク・イフティサス病院生化学部、トルコ

 

 

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2019.02.27
EPAとDHAの違いや効果についておさ…
クリルオイルを代表とする魚油に含まれる…
オススメ記事
2023.11.21
クリルオイルはレジスタンス運動後の筋肉…
レジスタンス運動を受けた大学生男性30…
オススメ記事
2024.01.16
クリルオイルとヒアルロン酸の組み合わせ…
非関節炎の膝関節痛を有する成人を対象に…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!