健康に大事な成分

グリセリン

グリセリンは植物性のアルコールの一種で、グリセロールとも呼ばれています。人間の体内では脂肪酸と結合し、中性脂肪として存在していて、人間の体のエネルギー源として存在しています。

豊富な用途を持つグリセリン

グリセリンにはヤシ油やパーム油などを原料とした天然グリセリンと石油を原料とした合成グリセリンがあります。特徴としては甘味と強い吸湿性です。そのため、甘味料や化粧品への配合、染料など様々なものに使われています。

使い方を誤ると危険だが医薬品としても有効なニトログリセリン

可燃性を持ち、硝酸と硫酸、グリセリンの混合物を化学反応させて、作られたものがニトログリセリンというダイナマイトにも使われる薬品です。強い爆発力を持つことから扱いが難しい薬品ではありますが、毒性はなく、現在では医薬品としても活用されます。
狭心症などの治療の際に血管を拡張させる医薬品として、なくてはならないものになっています。

保湿効果、便秘予防などに効果が期待できるグリセリン

グリセリン自体は吸湿性による肌の保湿効果や、体内では便秘予防などとともに体のエネルギー源として必要な中性脂肪を作るという働きもあります。中性脂肪の付きすぎはNGですが、適度であれば体を活動させるための大切なエネルギー源となります。
潤いのある肌の維持や健康を維持するための縁の下の力持ちとも言える栄養源ですね。

摂りすぎると弊害のあるグリセリン

グリセリン自体も摂りすぎてしまうと、肌荒れを起こしたり、中性脂肪が増えてしまったりなどといった弊害が発生します。適量を気をつけながら摂取したい成分ですね。

グリセリン配合サプリメント

 

グリセリンが多く含まれる食品

健康に大事な成分

どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング