文献・臨床

クリルオイルはトライアスロンなど持久系競技におけるコリンの低下を防ぐのに役立ちます。

クリルオイルはトライアスロンなど持久系競技におけるコリンの低下を防ぐのに役立ちます。

「トライアスロン選手の血清コリンおよびコリン代謝産物に対するクリルオイルとレース距離の影響。(現地調査)」

 

コリンは、筋肉機能を正常に維持する役割を持つことから、運動能力への関与が指摘されている必須栄養素です。血清中の遊離コリン濃度は、長距離高強度運動中に減少する可能性がありますが、このパフォーマンスを低下させる可能性のあるコリンの減少に対する栄養戦略は、実験室以外ではほとんど検討されていません。この探索的フィールド研究(現地調査)では、レース前にクリルオイル由来のホスファチジルコリンを補給することで、トライアスロン競技中に予想されるコリンおよびその代謝物の一部の減少に対抗できるかどうかを調査しました。アイアンディスタンス ノースマン エクストリームトライアスロンとスプリント/オリンピック距離のオスロトライアスロンの参加者から、25歳から61歳までの女性12人、男性35人の計47人のトライアスリートが集まりました。24名のアスリートが、レースの5週間前から毎日4gのスパーバブースト™クリルオイルを摂取するクリルオイル群にランダムに割り当てられ、23名のアスリートが毎日4gの混合植物油を摂取するプラセボ群にランダムに割り当てられました。レース前、レース終了直後、レース翌日に血液を採取し、コリンとその代謝物を分析しました。その結果、血清コリン濃度は、すべてのレースでレース前からレース終了まで有意に減少し、スプリント/オリンピック距離のオスロ・トライアスロン(15%減少)に対して、アイアンディスタンス ノースマン エクストリームトライアスロン(34%減少)でより顕著な減少が観察されました。ベタインの減少も観察されましたが、ジメチルグリシン(DMG)濃度はすべての時点において安定したままでした。コリン(平均9.4%)とDMG(平均21.4%)の濃度は、プラセボ群と比較してクリルオイル摂取群で有意に高く、レース終了後の血清コリンはクリルオイル摂取群で有意に高い上昇を示しました。以上のことから、クリルオイルは、持久系競技中に循環コリン濃度が制限されることを防ぐのに役立つと考えられます。

 

 

「Effects of Krill Oil and Race Distance on Serum Choline and Choline Metabolites in Triathletes: A Field Study」

Front Nutr. 2020; 7

Andreas B Storsve 1、Line Johnsen 1、Christoffer Nyborg 2,3、Jørgen Melau 2,4、 Jonny Hisdal 2,3、 Lena Burri 1

1.アーケルバイオマリン社 ノルウェー

2.オスロ大学医学部臨床医学科 ノルウェー

3.オスロ大学病院血管調査部 ノルウェー

4.病院前病棟、ベストフォール病院 ノルウェー

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.04.23
まだまだ続く「糖質制限ダイエット」ブー…
すっかりおなじみとなり、知らない人はい…
オススメ記事
2019.03.29
美しい人は知っている「南極の宝石」クリ…
最近、「南極の宝石」と呼ばれているクリ…
美容
2018.08.30
“すっぴん美人”になりたければ青魚を食…
若い世代を中心に、日本人が次第に魚を食…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!