オススメ記事

クリルオイルで「たるみ毛穴」を引き締めて若肌を手に入れる

クリルオイルで「たるみ毛穴」を引き締めて若肌を手に入れる

年齢とともに楕円形のように広がって目立ってしまうのが「たるみ毛穴」です。そして、その「たるみ毛穴」同士が繋がり深いシワのようになってしまう状態が「帯状毛穴」。どちらも老け顔を作る最大の原因と言っても過言ではありません。そんな怖い毛穴が開く原因や、「たるみ毛穴」「帯状毛穴」の知識を詳しく知ったうえでお手入れすることが、老け顔予防には大切です。そもそも毛穴とは肌を保護するための皮脂を分泌するという重要な役割を担っていますが、同時にさまざまな原因で開く、黒ずむ、目立つ等の年齢肌トラブルを抱えやすい部分でもあります。だからこそ注目したいのが、年齢とともに肌がたるむことで毛穴が大きく開いてしまい、「たるみ毛穴」「帯状毛穴」として肌表面に出現するメカニズム。そして、この肌と毛穴のたるみこそ、日差しに無防備なまま年齢を重ねたことで目立ってしまうやっかいな存在で、長い期間浴び続けた紫外線による細胞やDNA損傷と活性酸素による、いわゆる肌のサビが原因だと言われています。

「たるみ毛穴」「帯状毛穴」って何?

小鼻の脇から頬に向けて楕円形に広がった毛穴たちを「たるみ毛穴」と呼びます。加齢による肌のたるみによって引っ張られて広がってしまった毛穴のことです。私たちの皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の順で3層に分かれます。そして、皮膚を支えているのが真皮層で、主にコラーゲン、エラスチンという線維状のタンパク質と、保水性でゼリー状のヒアルロン酸によってハリやうるおいを保っています。残念ながら、これらの成分は加齢によって減少してしまうため、年齢を重ねるごとに皮膚の土台から緩んで、やがて重力に逆らえず下がるたるみとなります。そしてこの皮膚のたるみが毛穴も開かせてしまうのです。また、「たるみ毛穴」同士が連結することでシワのような溝になってしまった「帯状毛穴」。30代半ばくらいから、主に鼻の脇から頬にかけての部分に小ジワのように現れます。原因は「たるみ毛穴」と同様に肌のたるみと、角質層の防水バリアの傷みで乾燥や皮膚の代謝機能の低下や古い角質が肌表面に残ってしまうことだと言われています。

「たるみ毛穴」や「帯状毛穴」を改善するには

「たるみ毛穴」を改善、予防するためには真皮の潤いをキープする必要があり、化粧品による保湿ケアだけでなく、真皮層のうるおい不足を補うために傷んだ皮膚細胞から修復するレチノールやビタミンC誘導体などの抗酸化物質を含んだ美容液でケア。さらに、真皮層のコラーゲンを作る材料となる緑黄色野菜や、動物性タンパク質を積極的にとることを心がけましょう。また、「帯状毛穴」が目立ってきたら、保湿ケアや水分補給、またターンオーバーが正常に行われるよう代謝機能を低下させないことが重要。スキンケアには角質層のうるおいをキープするセラミドやヒアルロン酸をプラスしましょう。さらに、肌の抗炎症作用・代謝作用を発揮するオメガ3脂肪酸の女性ホルモンのバランスを整える作用に注目。女性ホルモンの一種である“美肌ホルモン”と呼ばれるエストロゲンは必須のホルモンです。エストロゲンは真皮層のコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸の生成を促進させる働きがあり、これらが正常に生成されるとハリの維持・シワ・たるみなどの肌トラブルが予防されます。エストロゲンが減少してしまう更年期にもオメガ3脂肪酸を含むクリルオイルには「更年期の症状を改善する」という働きがあります。クリルキングを活用してオメガ3脂肪酸の働きで、毛穴も肌も引き締めて若肌を手に入れましょう。

参考:スキンケア大学 たるみ毛穴・帯状毛穴の原因とは? スキンケア大学
参考:Lilyp 美容アイテムとして超優秀!肌にいい脂質「オメガ3」って知ってる? Lilyp

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2018.05.30
ますます加熱!健康促進「ヘルシーオイル…
ヘルシーでナチュラルな健康志向の強い人…
オススメ記事
2018.10.30
魚を食べない人は大動脈の病気で死亡リス…
魚をほとんど食べない人は、習慣的に食べ…
オススメ記事
2018.04.23
摂取時刻でDHAの効果が倍増する!?
平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング