ライフスタイル

自分でできる月経前症候群を軽くする2つのルール

自分でできる月経前症候群を軽くする2つのルール

生理前に感じる心身の不調を月経前症候群といいます。その症状は人によって違っていて、実に200種類以上もあると言われています。あなたが感じる生理前の不調とは、主にどんなことでしょう。よく耳にするお悩みに、ついイライラしてしまうという症状が挙げられます。自分でイライラの制御不能に陥り、夫や子どもたちにあたることもしばしばで、その度に大きな自己嫌悪に襲われてしまう…。でも、このイライラをはじめとする心身の不調、つまり月経前症候群はライフスタイルを見直すことで、緩和してしまうことが可能なのです。そこで、今回はつらい月経前症候群の症状の緩和について、たくさんの女性が効果を感じていると言われる解消術を2つご紹介しましょう。

生理前は身体を冷やさないことが肝心

冷えが女性の身体によくないことは分かっていても、実際には普段の生活で意識しないとついつい冷えやすい習慣を送ってしまっている… ということは思い当たらないでしょうか。例えば、普段口にする飲み物ですが、のどが渇いたときや、暑い日などは冷たい飲み物をグイグイと一気に飲み干したいもの。でも、実はこの冷たい飲み物が身体を冷やしてしまいます。体が冷えることで最も悪影響なのは血行が滞ること。血の巡りが良くない状態こそ月経前症候群の症状を悪化させることに繋がるとされています。生理前にはできるだけ白湯などの暖かい飲み物や、常温の飲み物を意識的に摂るようにして身体を冷やさないよう心がけましょう。ただし、神経を緊張させたり、興奮させたりする作用のあるカフェインを多く含む飲み物は生理前にはNGです。全くダメということではないのですが、効果を感じるためには生理前、一度コーヒー断ちをしてみることもオススメします。

生理前は食事で対策を

生理前になると無性にスィーツが欲しくなりますが、実はこれが月経前症候群には良くない影響をもたらします。甘いもので血糖値が急激に上がってしまうと、逆にイライラを抑えることができなくなり、急激に血糖値が上がったあとに、急激に下がるため、どうしても食欲を抑えられなくなります。生理前につい食べ過ぎて体重が増えてしまう… そんな症状の原因もここにあるのです。コーヒーにしても甘いものにしても、緊張や、血糖値の急上昇など身体に急激な変化をもたらすということが月経前症候群には好ましくない状態なのです。なぜなら月経前症候群の原因は女性ホルモンの大きな変動が原因といわれており、その変動に拍車をかけるように、急激な変化を身体に起こしてしまっては身体にとってはストレス以外の何ものでもありません。生理前には精神的にもそうですが、身体の中から、ゆっくりとリラックスできるように心がけましょう。特にオススメの食べ物としてレバー、マグロ、カツオなどに含まれるビタミンB6、ナッツ類に含まれるビタミンE、海藻類、魚介類に含まれるマグネシウム、乳製品や小魚、葉物に含まれるカルシウムを多く含んだ食材がおすすめです。これらはホルモンバランスを整えて、イライラや情緒不安定な状態を和らげてくれます。女性ホルモンに似た働きをするといわれる大豆イソフラボンが含まれる大豆製品や、サプリメントも積極的に摂りたいもの。さらに大切なのが軽い運動です。「そろそろ生理が来る」と思ったら、気分の良いうちにウォーキングや散歩を習慣にしてしまうことが重要です。この食プラス運動のライフスタイルで、つらい月経前症候群を軽くしてみませんか?

参考:女性の暮らしノート 月経前症候群の解消術!自分でできる3つの対策 女性の暮らしノート

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

美容
2019.02.27
クリルオイルで髪のアンチエイジングをス…
年齢と共に、髪は細くコシがなくなって行…
ライフスタイル
2018.11.29
オメガ3で“冬に負けない”健康体を目指…
寒さが厳しくなり、しかも何かと気ぜわし…
美容
2018.06.29
キレイを目指すなら断然!「和食派」です
今や世界的にブームを巻き起こしている日…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング