美容

『クリルキング』のアスタキサンチンでメタボ脱出

『クリルキング』のアスタキサンチンでメタボ脱出

アスタキサンチンの魅力的な効果のひとつに抗肥満作用があります。アスタキサンチンには、体のエネルギー源として糖より脂質を優先して消耗する働きがあるため体脂肪の減少に繋がるのです。肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の2種類あります。皮下脂肪型肥満は下半身に脂肪がつきやすく、逆にお腹を中心に上半身に脂肪がついている場合は内臓脂肪型肥満で、メタボリックシンドロームで問題になるのは実はこちらです。内臓脂肪型肥満は、体内に絶えず活性酸素を発生させている点で危険な肥満だからです。内臓脂肪によって慢性炎症が引き起こされ、絶えず活性酸素が大量に発生しているため、肥大した脂肪細胞は活性酸素を生じメタボリックシンドロームの症状を悪化させます。こうした脂肪の蓄積に対し、アスタキサンチンは有効に働き、脂肪肝の改善にも効果があることが実験によって分かりました。

アスタキサンチンは脂肪を減らしてくれる!

太りやすく痩せにくい人は、もともとも脂肪細胞が多く、そのサイズが大きいという特徴があります。それらに対してのアスタキサンチンの有効性が報告されていて、肥満度の高い人を2グループに分け、それぞれ8週間にわたってアスタキサンチン入の飲料とアスタキサンチン無しの飲料を飲み続け、その効果を比較しました。結果、アスタキサンチンを摂取していたグループは、内臓脂肪も皮下脂肪も両方とも明らかに減少していたそうです。脂肪細胞の数は減らせませんが、脂肪組織重量はアスタキサンチンによって減らすことができます。メタボが気になる人は『クリルキング』アスタキサンチンの摂取をぜひ検討してみて下さい。アスタキサンチンを長期摂取し続けると、血中の糖尿病や高血圧、動脈硬化の予防に役立つ善玉物質アディポネクチンが増えます。さらにアスタキサンチンを摂取し続けた患者の血液を調べると、糖尿病の目安であるHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)の数値も改善されていたそうです。活性酸素による酸化と並んで肉体の老化を進行させる原因に「糖化」がありますが、アスタキサンチンを摂取し続けると、血糖値の上昇が抑えられるという検査結果もあり。空腹時血糖値と最高血圧、血液中の中性脂肪が高い人ほど、アスタキサンチンはより高い効果を発揮するため、継続補給で肥満を始めとしたメタボリックシンドロームのリスクに備えてください。

効果的に補給するにはサプリメントが一番

アスタキサンチンの補給源は、鮭や真鯛、金目鯛など体表の赤い魚や、イクラ・タラコ、スジコなど。また、甲殻類もアスタキサンチンを含有していますが、実際に美容や健康に必要な量を一般の食事だけでまかなうのは大変。アスタキサンチンが美容効果、健康効果を発揮するのは一日6mgを摂取し続けた場合ですが、鮭の切り身ひとつで1mgの含有量ですから、毎日必要量を補うのは難しい。だからこそ『クリルキング』等のサプリメントがオススメ。アスタキサンチンのサプリメントは、コトリエノール(ビタミンE)やその他の抗疲労物質などと同時に摂取することで、より効果を高めます。美容ならプラセンタやビタミンC、ナノコラーゲンやナノヒアルロン酸などとともに摂取すると効果的。疲労回復や持久力アップには、DHAとホップ(ビールの苦味成分)を同時に摂るのが有効です。また、アスタキサンチンは飲んでから10時間ほどで血中濃度が最大になるため、摂取の調整にはサプリメントが最適です。     ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:アスタキサンチンの効能.net アスタキサンチンのダイエット効果 アスタキサンチンの効能.net

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.08.30
内蔵脂肪は生活習慣のチェンジで撃退でき…
ダイエット面からだけでなく、単純に健康…
オススメ記事
2018.04.23
意外と知らない肌老化と酸化の関係
最近、シミが増えたみたい… しわが深く…
エンタメ
2019.01.31
魚嫌いの方にこそオススメしたいクリルオ…
一昔前のドラマや映画では、魚を中心とし…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング