文献・臨床

クリルオイルの老化防止剤(筋力、認知機能)としての可能性

クリルオイルの老化防止剤(筋力、認知機能)としての可能性

「老化防止剤としての栄養補助食品が加齢マウスの筋力および認知機能に及ぼす可能性の評価」

 

加齢や虚弱は、筋力生成の低下と関連しており、それは筋の量と質の減少の直接的な結果である。老化の主な原因として、末端酸化の副産物である活性酸素の発生が挙げられます。活性酸素の悪影響は、抗酸化物質の補給によって緩和することができます。クリルオイルやアスタキサンチンは、健康増進、老化防止、抗炎症、抗糖尿病、抗疲労などの様々な効果を持つ栄養補助食品です。本研究では、老化したマウスにこれら2つの栄養補助食品をペレット状にした餌を与え、in vivoおよびin vitroの骨格筋機能、細胞内およびミトコンドリアカルシウムの恒常性、さらに認知および空間記憶について検討することにより、その機能的効果を調べました。 アスタキサンチン食餌療法は、対照群に比べ体重増加を抑制しましたが、この現象は筋組織量の減少を伴いませんでした。一方、アスタキサンチンとクリルオイルの両補給は、興奮-収縮結合機構やミトコンドリアカルシウム取り込み過程におけるカルシウムホメオスタシスを変化させることなく、筋力産生を増加させることが分かりました。また、オキアミ油の補給により、老化したマウスの空間記憶と学習能力が改善された証拠も示しています。これらのデータを総合すると、抗酸化栄養補助食品をジェロプロテクターとして応用することで、骨格筋の筋力産生を改善することにより、認知機能の向上と健康的な加齢を促進することが期待されます。

 

「Assessing the Potential of Nutraceuticals as Geroprotectors on Muscle Performance and Cognition in Aging Mice」

Antioxidants 2021, 10(9), 1415

Zoltán Singlár 1,2、Péter Szentesi 1、János Fodor 1、Ágnes Angyal 1,2、László Csernoch 1 andMónika Sztretye 

1.デブレツェン大学医学部生理学科、ハンガリー

2.デブレツェン大学分子医学博士課程、ハンガリー

 

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.11.29
オメガ3で“冬に負けない”健康体を目指…
寒さが厳しくなり、しかも何かと気ぜわし…
美容
2019.01.31
肌荒れは食べる油の質を変えることで解消…
桜の便りも届き、待ちに待った春が訪れ、…
オススメ記事
2019.02.27
EPAとDHAの違いや効果についておさ…
クリルオイルを代表とする魚油に含まれる…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!