文献・臨床

クリルオイルからの精製リン脂質の分子種と抗炎症活性の特性化

クリルオイルからの精製リン脂質の分子種と抗炎症活性の特性化

クリルオイルからのリン脂質(PL)は、吸着カラムクロマトグラフィーを使用して精製されました(> 97.2%)。 49のPL分子種は、超高速液体クロマトグラフィー-四重極飛行時間質量分析法(UHPLC-Q-TOF-MS)によって特徴づけられました。ほとんどの分子種には、エイコサペンタエン酸(EPA、20:5)、ドコサヘキサエン酸(DHA、22:6)、ドコサペンタエン酸(DPA、22:5)、およびアラキドン酸(AA、20:4)が含まれていました。特に、特殊種PC(20:5/22:6)(1298.17 nmol / g)と多くのエーテルPLが検出されました。クリルオイルPLリポソーム(IC50 = 0.108 mg / mL)は、粗クリルオイル(IC50 = 0.446 mg / mL)よりも優れた抗炎症活性を示しました。IκB-α分解とp65活性化の抑制を介してNF-κBシグナル伝達経路を遮断し、一酸化窒素(NO)、活性酸素種(ROS)、リポ多糖(LPS)刺激されたRAW264.7細胞の炎症性サイトカインなどの炎症性メディエーターの細胞含有量を用量依存的に低下させる可能性があります)-。さらに、カラギーナン誘発性のマウスの足の腫れを抑えることができます。本研究の結果は、クリルオイルの栄養価と薬効をより良く評価するための参考になるかもしれません。

 

 

「Characterization of Molecular Species and Anti-Inflammatory Activity of Purified Phospholipids from Antarctic Krill Oil.」

Marine drugs 2021Feb25 Vol. 19 issue(3)

Li Zhou 1,2、Xing Wu 1、Fu Yang 1、Minghao Zhang 1、Rong Huang 1,2、 andJikai Liu 1,2

1,(南中央国籍大学薬学部)

2,(南中央国籍大学国立精神薬理学研究センター)

抄録は自動翻訳によるものです。

 

 

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.09.27
長距離運転や車中泊でエコノミークラス症…
地震、台風、大雨等の予期せぬ自然災害か…
美容
2018.10.30
アスタキサンチンには実は白髪改善効果ま…
年齢を重ねていくと、つい気になってしま…
エンタメ
2018.11.29
これが生活習慣病に効くと噂の「名湯」ベ…
温泉大国である日本には、効能を謳う名湯…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!