エンタメ

妊婦と魚油の驚くほどに密接な関係とは…

妊婦と魚油の驚くほどに密接な関係とは…

少子高齢化が叫ばれて幾久しいですが、やはり赤ちゃんは両親にとっても国にとっても宝のような存在ではないでしょうか。そんな宝を授かったお母さんたちは、妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えて、食べていい物、いけない物、さらに食事の仕方などいろいろ気にされている方も多いはずです。現代は、添加物の多い食品やジャンクフードに囲まれ、魚でもまぐろやサメ、メカジキなど大型の魚は食物連鎖の関係でどうしても体内に水銀を蓄えているので、なるべく取らない方がいいという情報がいつしか都市伝説のように広まり、「妊娠中は、つい魚全般を敬遠してしまう」という妊婦さんの声を多く聞くようになりました。ところが、フジテレビの某番組で、「妊娠中に一週間340gの魚を食べると胎児に良い」と驚きの放送が…。敬遠しがちな魚を妊婦さんが食べるべきだと推奨しているのです。

妊娠時の魚油サプリメント服用は赤ちゃんに有用

実は、その番組で興味深い研究があり、妊娠中に340gの魚を食べた妊婦と、食べなかった妊婦で生まれてきた子供の知能(言語能力、運動能力、社会性など)を比較した結果、340g以下の魚しか摂取しなかった妊婦の子供は、なんと明らかにすべての発達が遅れていたそうです。また、イギリスのニュースサイトでも、妊娠中に魚油を摂取することで胎児を湿疹から守ることが出来るということも明らかになっています。この実験はアレルギー家系である706人の妊婦を対象に行われ、半分の妊婦には妊娠21週目から子供が生まれるまでの間、一日3回『クリルキング』同様の魚油配合サプリメントを与え、残りは植物油を与えて比較したものです。さらに、青魚に含まれているオメガ3が配合されたサプリメントを摂取していた妊婦の子供は、乾燥肌の症状まで少なかったのです。これは、オメガ3脂肪酸が、胎盤を通して胎児の免疫系に影響を及ぼした結果であり、妊娠中の魚油の摂取がこれほどまでに胎児に良い影響をもたらすものなのです。水銀との関係も、340gというのは一週間に2回程度、青魚を摂取すればいい量なので、FDA(米国食品医薬品局)のガイドラインでも特に問題がないとされました。

毎日のサプリメント愛用で小児アレルギーを救う

また、母親が妊娠20週以降から出産3、4カ月まで継続して毎日魚油のサプリメントを摂取しながら授乳すると、なんと子供の卵アレルギーが30%低下したという英国インペリアルコレッジロンドンからの研究報告がります。この研究チームは、約15,000人の妊婦に妊娠中に魚油のサプリメントを摂取する効果を検証・分析した結果、子供の1歳までの卵アレルギーの発症リスクが30%低下することを発見したというのです。しかも、魚油のサプリメントで効果がみられたのはオメガ3系脂肪酸であり、オメガ6系脂肪酸にはアレルギーリスクに影響をもたなかったとされました。また、この研究チームは、妊娠36~38週以降出産3~6か月までの毎日、プロバイオティクス・サプリメントを妊婦に服用させたところ、子供の湿疹リスクを22%低下させることも発見したといいます。妊娠中のプロバイオティクス・サプリメントの効果を検証した約6,000人の妊婦を含む28件の介入研究の分析を実施し、プロバイオティクスは腸内細菌のバランスに影響を及ぼす生菌を含んでいると結果を発表。用いられたプロバイオティクスは、パウダーまたは飲料(大部分がヨーグルト)で、解析の結果、プロバイオティクス・サプリメントの摂取は、子供の湿疹リスクを22%低下させることが明らかになりました。  ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:NEWSポストセブン 妊娠中に魚油を摂ると子供の「知能や肌に影響」がある NEWSポストセブン
参考:LINKdeDIET  妊婦の魚油とプロバイオティクスが小児アレルギーを軽減? LINKdeDIET

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.04.04
謎食材を堂々とふりかける、もこみちさん…
4月4日放送のMOCO’Sキッチンでの…
ライフスタイル
2018.12.27
アスタキサンチンは優秀な疲労回復トレー…
人間は運動をすると乳酸が溜まってすぐに…
ライフスタイル
2019.01.31
青みの魚を食べることの重要性を改めて見…
「青みの魚」とは「青背の魚」とも呼ばれ…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング