ライフスタイル

オメガ3で“冬に負けない”健康体を目指す

オメガ3で“冬に負けない”健康体を目指す

寒さが厳しくなり、しかも何かと気ぜわしい冬は、インフルエンザが流行して体調を崩しやすい季節です。マスク使用、手洗い、うがいは感染症予防のために基本中の基本ですが、今回は多忙で過酷な冬でも健康をキープするためのちょっとしたコツをご紹介します。冬はどうしても身体が冷えやすいため、血行が悪くなり代謝が悪くなり、肌の乾燥やくすみなどが促進しやすく、免疫力がダウンしてウイルスにも感染しやすくなります。ですから冬はなるべく身体を温めることを常に心がけましょう。そのためには薄着をせず、身体を温める作用のある食品や免疫力を高める食品を食べたり、温かい飲み物を飲んだり、毎日湯船に浸かって身体を温めましょう。特に毎日湯船に浸かるのは大切なこと。40度程度のぬるめのお湯に15分程度入るのを習慣にしましょう。また、就寝の2時間前くらいからスマホやテレビ、PCなどのブルーライトを発する電子機器の使用を避け、照明を落としてリラックスして過ごすといったことも安眠とスムーズな入眠を心がけましょう。できれば寝具などにもこだわってしっかりと休息できる環境を日頃から整えておきたいものです。

食べ方にこだわるライフスタイルで免疫力をアップ

免疫力という言葉を耳にすることが多いと思いますが、予防医学を語るうえで欠かせないのが免疫力です。この免疫力が高まることで、風邪をひきにくくなり、さらにインフルエンザや肺炎、膀胱炎、歯槽膿漏、扁桃腺炎、肝炎などのさまざまな感染症にもかかりにくくなるとされています。そうです!「体を外敵から守る力」免疫力なのです。実は、現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸やビタミンAなどを、毎日の食事やサプリメントなどからしっかり摂取することが、健康な粘膜の生成に繋がり、免疫力をアップさせて外敵から体を守ることへと繋がります。そこで、料理油においても、日常的にとっているオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸のうち、炎症を抑えて免疫力を強くする効果があるとしてオメガ3脂肪酸の摂取がすすめられているのです。具体的に挙げるとオメガ3脂肪酸が豊富なのは、亜麻仁油、エゴマ油、油以外では青魚ですが、マグロやサケなどの魚に多く含まれるオメガ3を材料としてできた粘膜細胞は、外部からの攻撃に強く炎症や感染症などを起こしにくくしてくれると言われています。また、「目が乾きやすい」「鼻炎らしき症状がある」「気管支の調子が悪い」「胃や腸の調子がよくない」といった日々感じる症状は、粘膜の状態が良くない場合に起こります。そのような症状でお悩みの方は、オメガ3脂肪酸を摂取して、ライフスタイルから健康な粘膜づくりにチャレンジしてみましょう。人間の身体は、日々口にした食品から作られていることを考えると、健康で免疫力の高い身体を育むためには食生活が果たす役割は何より重要です。青魚や野菜中心のバランスのとれた食事を心がけましょう。また、冬でなくても腸内環境を改善する効果のある酵素を多く含む食品や風邪予防・肌荒れ防止効果のあるビタミンCを多く含む食品を積極的に摂取することもおすすめです。オメガ3やビタミンA、ビタミンCは手軽で吸収率のいいサプリメントで摂ることも効果的ですが、食品から摂る場合にはこまめに摂取することが大切なポイントになります。ぜひ朝昼晩とこだわって毎日口にしましょう。

参考:eo健康 いい粘膜は免疫力の証 eo健康
参考:Business Journal  魚を食べないと機能低下の危険!脳梗塞やがん、アレルギーが増加する恐れも Business Journal

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.12.27
「ファストフィッシュ」は深刻な魚離れに…
水産王国わが日本で深刻な魚離れが続いて…
美容
2019.03.29
『クリルキング』のアスタキサンチンでメ…
アスタキサンチンの魅力的な効果のひとつ…
美容
2018.08.30
“すっぴん美人”になりたければ青魚を食…
若い世代を中心に、日本人が次第に魚を食…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング