オススメ記事

クリルオイルのアルコールによる二日酔いの予防効果

クリルオイルのアルコールによる二日酔いの予防効果

20~55歳の健康な男女35名を対象にアルコールによる二日酔いの予防効果についてプラセボ対照無作為化二重盲検クロスオーバー臨床試験を実施した。低脂肪の朝食を摂取した2時間後、男性は0.78g/kg BW、女性は0.65g/kg BWのアルコールを含むアルコール飲料を摂取した。参加者はアルコールを摂取する30分前に、クリルオイル、大豆油(プラセボ)、二日酔い防止飲料のいずれかを摂取し、アルコール摂取の0.5、1、2、3、4、5時間後にそれぞれ血液を採取した。

その結果、クリルオイルの摂取により、血中および呼気中のアルコール濃度が低下し、喉の渇きや吐き気の症状が緩和された。また、クリルオイルは、プラセボおよび二日酔い防止飲料と比較して、アルコール脱水素酵素 (ADH) およびアルデヒド脱水素酵素 (ALDH) 活性を相対的に増加させ、マロンジアルデヒド (MDA) レベルを相対的に低下させた。

クリルオイル摂取群ではスーパーオキシドおよびペルオキシルラジカル消去活性が高かったことから、クリルオイルがアルコール代謝中に誘導される活性酸素産生を効果的に抑制していることが示唆された。

このことから、クリルオイルは、抗酸化能力により呼気中および血中アルコール濃度を低下させ、その他の二日酔い症状も軽減させる、潜在的な二日酔い対策成分として使用できることが示唆された。

「Preventive effects of standardized krill oil on alcohol hangovers in a clinical trial」
Journal of Functional Foods Volume 94, July 2022, 105142

Woo-HyunKim 1、Hyun-JeongLee 1、Da-YeonLee 1、Chan-YangLee 1、Jeong-HoOh 1、Jeong-EunKim 1、KietVu Tan 1、Seoung-KiKang 2、ByungkwonKim 3、Seong-BongHong 4、NamkyuYoon 5、Han-JooLee 5、Soon-MiShim 1
1.世宗大学校食品科学・生物工学科、韓国
2.龍仁大学校教育大学院、韓国
3.単位認定制度 龍仁大学校 体育学部、 韓国
4.成均館大学スポーツ科学大学、韓国
5.アリB&C 龍仁テクノバレー、韓国

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.12.27
毎日の運動+アスタキサンチンで健康ダイ…
ジョギングやウォーキング、ストレッチ等…
オススメ記事
2018.12.27
『クリルキング』パワーで気になる生活習…
『クリルキング』に豊富に含まれたクリル…
オススメ記事
2018.09.27
ターンオーバーを整えて肌トラブルを体内…
「食べる美容液」と呼ばれて、美しさに敏…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!