オススメ記事

ますます加熱!健康促進「ヘルシーオイル」ブーム

ますます加熱!健康促進「ヘルシーオイル」ブーム

ヘルシーでナチュラルな健康志向の強い人たちを中心に、現在、ココナッツオイルや亜麻仁油、エゴマ油など多くの食用オイルが、まるで「スーパーフード」のように注目され愛用されています。また、吸収しやすく健康促進効果の高いオイル系サプリメントの摂取がブームとなっています。いわゆる話題の成分が多く含まれているため、サラダ油ではなくオリーブオイルに亜麻仁油、ココナッツオイル、ゴマ油などを「ヘルシーオイル」として健康促進のために食用に選ぶという傾向がますます増えているのです。確かに以前は、オイルというと「太る」「不健康」として拒否反応を示される方が多く見られました。でも最近では逆にポジティブな印象を抱かれていて、その火付け役ともいえるのが生きていくうえで欠かせない成分なのに、人間の体内では作れず、食品から摂るしかない油の成分の総称である必須脂肪酸のひとつ「α-リノレン酸」= 通称「オメガ3」の存在です。最近の研究から積極的にオメガ3を摂取したほうがよいと発表され、女性誌を中心に各種メディアでも盛んに取り上げられるようになり、消費者の食用オイルやオイル系サプリメントに対するイメージが大きく変化したのが原因ではないでしょうか。さらに、ダイエット中だからと脂質を極端に減らしてしまうと肌荒れや髪のパサつきなど思わぬトラブルを招く場合があるため、食用オイルやサプリメントで上手に脂質を摂取する方が増えています。

オイルを賢く摂取するために

オイルを正しく摂取するために、まずは、どのようなオイルを摂取すべきかセレクトが重要です。実はオイルの種類によっては身体に悪影響を与える原因となる場合があるのです。油分は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分けられますが、飽和脂肪酸は、牛豚、卵などの動物性脂肪に含まれているため、比較的摂取しやすいことに加え、体内で生成することが可能で食事での摂取は必須ではありません。でも、不飽和脂肪酸はさらにオメガ3オメガ6オメガ9と細かくわかれ、この中でオメガ9は人間の体内でつくることができますが、オメガ3オメガ6はつくることが不可能なため「必須脂肪酸」と呼ばれています。オメガ3は主にイワシやアジなどの青魚、亜麻仁油、エゴマ油などに含まれていて、オメガ6は、コーン油、ゴマ油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれています。そこで、オメガ6は毎日摂取しやすいものに含まれているため、過剰に摂り過ぎてしまうケースが多いのですが、オメガ3は逆に不足気味だと言われています。

不足気味のオメガ3を補うこと

そして何より重要なのは、この2つの必須脂肪酸では効果・効能がまったく逆だと言うことオメガ6に含まれる「リノール酸」はLDL(悪玉コレステロール)を低くする働きがあるとしてブームを呼びましたが、同時にHDL(善玉コレステロール)も低下させてしまうので、最近では、過剰摂取は良くないとされています。でもオメガ3は、LDLや中性脂肪を下げる効果があるといわれ、動脈硬化や心筋梗塞など成人病、認知症、生活習慣病予防・改善など様々な効果・効能が期待できます。そこで、オメガ3ばかりを摂取すればいいのではと思われがちですが、必須脂肪酸は、バランスよく摂取することが非常に重要です。オメガ3とオメガ6のバランスは1:4が理想的とされていますが、オメガ3は熱に弱いため、含有されたオイル系サプリメントなどを併用することをオススメします。さらにバランスの良い食事を心がけ健康的なオイルライフを送りましょう。

参考:omron vol.157 健康を気にする人の油の選び方omron
参考:bibien.tv いま話題!オメガ3脂肪酸の効果・摂り方は?bibien.tv

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.08.30
オメガ3で悪玉コレステロールを追い出し…
ダイエットの敵と思われがちな中性脂肪で…
美容
2018.04.04
ダイエットの強い味方「オメガ3」
話題のオメガ3をみなさんはご存知ですか…
エンタメ
2018.12.27
妊婦と魚油の驚くほどに密接な関係とは…
少子高齢化が叫ばれて幾久しいですが、や…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング