ライフスタイル

アンチエイジングとライフスタイルの密接な関係

アンチエイジングとライフスタイルの密接な関係

このサイトをご覧いただいている皆さんはご存知だと思いますが、老化の大きな原因のひとつであるのが活性酸素です。呼吸しているために体内へ吸収されてしまうのは仕方ないですが、活性酸素を増やしてしまう要因に、実は毎日の暮らしのクセ… つまり生活習慣が関連しているのです。私たちの身体は睡眠不足や強いストレスにさらされ続けると、つい化学調味料の摂取過多、喫煙、過度の飲酒など、現代人が陥りがちな生活習慣にはぜひ気をつけたいものです。さらに、活性酸素は免疫機能にも関係していて、活性酸素が免疫細胞を傷つけて免疫力を低下させることで思わぬ疾病のリスクがグンと高まり、また、細胞を変性させて細胞の老化やがんを引き起こすと言われています。糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病も、なんと活性酸素の影響のひとつとされています。そこで、バランスのよい食事はもちろん、正しいスキンケア、適度な運動、質の高い睡眠、そしてストレスのない生活などを習慣化することが、健やかなアンチエイジングにつながるのです。

適度な運動がアンチエイジングには大切

ウォーキングやジョギング等の運動をすることで得られる効果には、美肌・若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンと、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促し、血行をよくするなどがあります。この成長ホルモンの分泌が盛んになり、血行がよくなると、肌のターンオーバーによる肌細胞の生まれ変わりが促進されて、肌の老化防止と、美肌を持続させることにつながります。セロトニンは脳内伝達物質であり、心にやすらぎを与える役割がありますが、このセロトニンを分泌することでストレスに強くなり、吹き出物などの肌荒れを改善してくれる効果もあるのです。また、運動することにより、アドレナリンやノンアドレナリンなどのホルモンも分泌されますが、これらは体脂肪を分解し、エネルギー源として消費されやすい形にしてくれる働きがあります。加齢によって筋肉量は落ちていくため、適度な運動を習慣化させ、筋肉量を維持、または増やすことが健やかなアンチエイジングに重要となります。

睡眠で心身のアンチエイジングを行う

眠ること… そう睡眠は人間にとって大変重要な役割があります。私たちの身体は、睡眠中に成長ホルモンを分泌し、肌の新陳代謝を活発にして、ハリ、ツヤ、うるおいを取り戻してくれる働きがあるのをご存知ですか? また、眠ることで脳の記憶を定着させ、学習能力を整理する作用があるといわれているため、質のよい睡眠で、アルツハイマーの予防や、知的能力のアンチエイジングにもつながると考えられています。また、現在注目されているのが、私たちひとりひとりが“要らないものを排除する”NEWアンチエイジング法です。すでにアメリカでは、食物汚染や食品に含まれる化学物質などを摂らないようにすることへと、意識が向けられています。つまり、農薬を使った青果や石油製品(化粧品、食器用・洗濯用洗剤、清掃用品など)をなるべく食べない・使用しないこと。そして、それらの適切な排出機能を持つ健康な体でいることが、アンチエイジング医学の観点からも大切であるとされています。このように、生活習慣をほんの少し見直してみるだけで、いつまでも老けない健康な体や肌、そして脳のアンチエイジングが行えます。     ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:Precious.jp 効果的なアンチエイジングとは?|食事法、美容ケア、生活習慣から運動・睡眠まで徹底解剖 Precious.jp

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2018.04.23
摂取時刻でDHAの効果が倍増する!?
平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録…
ライフスタイル
2018.05.30
40代からの「ユルふわダイエット」のス…
40歳を過ぎたころから、以前は「ちょっ…
オススメ記事
2018.06.29
AGEを減らして老化しにくい身体になる
最近、糖化やAGEと言う言葉を耳にする…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング