ライフスタイル

青みの魚を食べることの重要性を改めて見直しませんか?

青みの魚を食べることの重要性を改めて見直しませんか?

「青みの魚」とは「青背の魚」とも呼ばれ、その名のとおり表皮が青光りしている魚のことで、寿司ネタなどでは「光りもの」とも呼ばれています。代表的なものとしてアジ、サバ、イワシ、サンマ、カツオなど、日本人の食生活になじみの多い魚が多く、古くからさまざまなバリエーションで家庭の食卓を彩っており、刺身やお寿司も大人気です。ただし、酸化が早くて早く生臭くなるため苦手だという人も多いのですが、新鮮な青みの魚は風味がよく、大葉、大根おろし、ミョウガなどの薬味との相性を楽しんだり、焼く、煮る、揚げるなど、豊富な献立で料理の腕を発揮したりしやすい魚です。また、国の伝統的な薬膳の世界でも、背の青い魚は身体を内側からあたため、内臓の健康によいとして重宝されてきました。『クリルキング』でもおなじみですが、悪玉コレステロールの値を低下、動脈硬化や脳血栓など血管系の病気を防ぐ働きを持つとされるEPA、脳細胞を活性化させ、老化を遅らせる働きを持つDHAが、青みの魚の脂質の中に豊富に含まれています。薬膳の分野で重要と考えられてきたことが、いまや科学的に裏付けられているのです。青みの魚の力を見直して、もっと食生活に積極的に取り入れてみませんか。

良質なタンパク質の宝庫なのです

青みの魚が栄養学的に注目される要素として、良質なタンパク質が豊富に含まれる食材であると言う点が挙げられます。人の身体を維持するのに必要なアミノ酸のうち、体内で合成できず、食品から摂取しなくてはならない良質な必須アミノ酸をバランスよく含んでいて、この必須アミノ酸の割合から、タンパク質の栄養価を化学的に示すアミノ酸スコアという数値がありますが、魚のほとんどが最高値の100を示すのに加え、イワシやサバなどの青みの魚はその脂質も良質なため、栄養バランスが非常によい食材とされているのです。

味覚も研ぎ澄ましてくれます

現代人に増えていることで話題の、食べ物の味が感じられない味覚障害。これまでも加齢によって舌の感覚が衰えてくるケースは知られていましたが、最近は、子どもや若い人の味覚障害が深刻になっているのです。その原因として考えられているのが、日常的な食生活での亜鉛不足です。スナック菓子やファストフード、コンビニ食など合成添加物が多く含まれた調理済み食品の摂り過ぎによっても起こるとされています。そして、その味覚障害の救世主がイワシ、サバ、アジなどの青みの魚。亜鉛を多く含むのに加え、青みの魚に含まれる亜鉛自体が私たちの体内への吸収に優れています。さらに、細胞の活性化に効果のある栄養素を多大に含む青みの魚だけに、加齢による味覚障害にも有効な起爆剤となってくれそう…。

魚を食べる人は肌のきめが細かい?

昔からよく言われていますが、新潟、秋田など、古くから美人の産地とされ続けてきた地域が海=魚と無関係でないことは偶然ではありません。漁村のおかみさんたちが、日焼けした顔からは想像もできないような白い肌の持ち主だったり、魚屋を生家とする娘さんの肌が驚くほどキレイだったり、まことしやかに語られる美人の産地は、実はあながち噂ではなく、日常的な食生活の結果なのかも。その地で昔から大衆魚として食卓によく上ってきた青みの魚は、美肌づくりに欠かせないといわれるビタミンD、Eを豊富に含んでいるからです。漁村でも魚屋さんでも、自宅の食卓には、おそらく鯛やヒラメなどの高級魚より、青みの魚が上る日が多かったはずですね。  ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:マルイチ産商 背の青い魚(光りもの)の豆知識 マルイチ産商

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2019.03.29
美しい人は知っている「南極の宝石」クリ…
最近、「南極の宝石」と呼ばれているクリ…
オススメ記事
2018.10.30
魚を食べない人は大動脈の病気で死亡リス…
魚をほとんど食べない人は、習慣的に食べ…
オススメ記事
2019.04.25
ライフスタイルで差がつく男の“サビ厄年…
いつまでも若々しく、できれば女性にモテ…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング