文献・臨床

高脂肪食による認知機能障害に対するクリルオイルの酸化ストレス制御による保護効果

高脂肪食による認知機能障害に対するクリルオイルの酸化ストレス制御による保護効果

高脂肪食(HFD)を摂取すると、脳内の酸化ストレスが上昇し、認知機能障害や記憶障害のリスクが高まると言われています。本研究では、クリルオイルのHFD誘発認知機能障害に対する保護効果をマウスで調べました。マウスにHFDを10週間摂取させた後、クリルオイルを100、200、500mg/kg/dの用量で4週間経口投与しました。認知能力を評価するために、T字迷路、新規物体認識テスト、Morris水迷路テストなどの行動テストを実施しました。HFDによる認知機能障害マウスは、空間記憶能力と新規物体認知能力の両方に障害が見られました。しかし、クリルオイルを100、200、500mg/kg/d投与したところ、新規経路や新規物体の探索回数が増加し、空間記憶能力と新規物体認知能力が向上した。また、クリルオイル投与群では、学習・記憶能力が向上し、隠れたプラットフォームに到達するまでの時間が対照群に比べて短くなりました。さらに、活性酸素種(ROS)、脂質過酸化、一酸化窒素(NO)のレベルは、HFDの摂取によって有意に上昇し、HFDの摂取が脳内の酸化ストレスを誘発することが示されています。しかし、クリルオイルを投与すると、活性酸素、脂質過酸化、一酸化窒素が減少し、酸化ストレスが軽減されました。本研究は、クリルオイルがHFDによる脳内酸化ストレスを軽減することで、HFDによる認知機能障害を改善することを示唆しています。したがって、クリルオイルはHFDによる認知機能障害の治療および予防に有望な薬剤であると考えられます。

 

 

「Protective effects of krill oil on high fat diet-induced cognitive impairment by regulation of oxidative stress」

Free radical Research 2021 Jun 28;1-11. Original Article

Ji Hyun Kim 1,2、Hyo Jeong Seo 1、Qi Qi Pang 1、Yu Ri Kwon 1、Ji-Hyun Kim 1、Eun Ju Cho 1

1.(釜山国立大学食品科学栄養学科)

2.(慶尚国立大学、韓国食品科学科)

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2019.03.29
アンチエイジングとライフスタイルの密接…
このサイトをご覧いただいている皆さんは…
エンタメ
2018.12.27
妊婦と魚油の驚くほどに密接な関係とは…
少子高齢化が叫ばれて幾久しいですが、や…
ライフスタイル
2018.08.30
オメガ3で悪玉コレステロールを追い出し…
ダイエットの敵と思われがちな中性脂肪で…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!