エンタメ

クリルオイル&ルイボスティーで花粉の季節を乗り切る

クリルオイル&ルイボスティーで花粉の季節を乗り切る

毎年、どことなく春を感じる季節になると、同時にやって来るのが“花粉症”のシーズン。最近でも、ついに花粉飛散が、東北、関東甲信、四国地方は前シーズンの花粉飛散の1.5倍以上となって、今シーズンは早めの対策をした方がよいと日本気象協会から発表されています。そんな花粉症で、毎春からゴールデンウィーク、いいえ、秋まで悩まされている方にとって、また嫌な季節がやってきますね。でも、そんなあなたに朗報です! 今回の花粉シーズンは、クリルオイルで快適に過ごせるかもしれません。ご存知のようにクリルオイルにはDHA・EPAが豊富に含まれ、血中脂質改善の効果や、脳の活性化などのはたらきが期待できますが、実は、花粉症をはじめ、アレルギーや炎症反応を抑えてくれるといううれしい働きもあり、花粉症にも効果があるのではと最近の研究から言われています。止まらぬくしゃみや目のかゆみ等の花粉のシーズンを、できるだけ快適に過ごしたいと思われる方はぜひクリルオイルにご注目を。

花粉症はどうして起こるのか知っていますか?

では、そんな花粉症についてここで学んでみましょう。アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンと呼びますが、スギ花粉、ホコリ、ダニ、動物の毛、ソバ、卵、化粧品、金属などありとあらゆるものがアレルゲンとなり得るのですが、ただし、何にアレルギー反応を示すのかは個人差があります。このアレルゲンを体内に取り込んでしまうと、身体に異物が入ってきたと認識して免疫が攻撃・排除を開始します。そして、このときに『ロイコトリエン』『PAF』『ヒスタミン』と呼ばれる物質が体内で生み出され、免疫の働きを助けます。しかし、これらの物質が体内で過剰に生み出されてしまうと、自らを攻撃しはじめます。この攻撃がいわゆるアレルギー症状と呼ばれているのです。そして、そんなアレルギー症状を抑えるためには何より『ロイコトリエン』『PAF』『ヒスタミン』が、過剰に生み出されるのを防ぐことで、その働きをしてくれるのがDHAなのです。DHAは、過剰に生み出されてしまった『ロイコトリエン』『PAF』を抑制しますが、『ヒスタミン』には残念ながら作用しないと今の研究では言われています。

花粉症対策にクリルオイルを活用しましょう

『クリルキング』の主成分クリルオイルは、南極の沖合に生息するオキアミからとれるオイルで、DHA・EPAを豊富に含んでいて、水に溶けやすいため吸収力に優れています。だから、水に溶けにくい他のフィッシュオイルでDHAを補うより効率的にDHAが摂れます。また『ヒスタミン』を抑えるにはルイボスティーが良いと言われていて、花粉症の症状をやわらげる効果があると言われています。目がかゆい、鼻が詰まる、くしゃみや鼻水が止まらない… 春先に不快な症状をもたらす花粉症。そんな花粉症の救世主として、近年期待されているのがDHAとルイボスティーです。どちらも、さまざまな効果効能で知られていますが、花粉症によるアレルギー症状をやわらげる作用があるのです。シーズンが到来して、花粉症が始まってから慌てて対策するより、事前に準備をしておくことがおすすめです。是非、今シーズンは花粉の季節が始まる前に、クリルオイルとルイボスティーで賢く花粉症に備えてみてはいかがでしょうか。  ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:三洋薬品グループ クリルオイルで花粉症は怖くない、快適春生活 三洋薬品グループ

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.08.30
イライラしがちな生理痛を和らげるための…
毎月訪れる女性の生理。個人差こそありま…
オススメ記事
2018.07.30
クリルオイルで「たるみ毛穴」を引き締め…
年齢とともに楕円形のように広がって目立…
エンタメ
2018.05.30
肥満大国アメリカで危険な「赤信号」点る…
「自己管理能力がない」とみなされて、肥…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング