美容

キレイを目指すなら断然!「和食派」です

キレイを目指すなら断然!「和食派」です

今や世界的にブームを巻き起こしている日本文化、その代表選手と言えるのが「和食」。2013年には、ユネスコの無形文化遺産に堂々と「和食」が登録されたことは日本人にはうれしいニュースとして、海外ではその人気に火がつきました。そんな美味しくて健康的にも優れたことで知られる「和食」で使われる調味料は、塩以外は味噌や醤油等の伝統ある発酵食品です。海外の料理のほとんどはオイルと香辛料で成り立っていますが、「和食」の味付けは、醤油、みりん、味噌、お酒などのまさに発酵された調味料と塩で成り立っています。この発酵は実はすべて、はたった1ミクロンでも健康維持や美肌作りに効果を発揮してくれる日本麹カビ(アスペルギルス・オリゼ)という1つの微生物の生息によるものです。そして、「和食」独特のコクと旨みはこの麹菌がカギとなっているのです。また、常に四季を意識して、季節ごとに旬の野菜や魚を食べることも「和食」の醍醐味。大和撫子は本来、旬の野菜と魚を伝統の発酵食品で調理して食べていたため、肌も髪もキメ細やかで美しいことで知られています。

日本麹カビ(アスペルギルス・オリゼ)って何でしょう

醤油や味噌などの発酵調味料の元となる日本麹カビは、米食の国、そして梅雨など湿気の多い日本の独自のカビで、日本でしか生まれない菌と言われています。実は、約1000年ほど前に米にカビが生えたことから、同時に「種こうじ屋」と呼ばれる日本麹カビを作る職人も生まれました。そして、京都では椿の葉を燃やした灰を炊いたご飯にまぶし、この菌を大量生産することに成功。その後、この菌で米を発酵させた日本酒やみりん、大豆に菌を蒔いて作る醤油と味噌、小麦粉に菌を付着させてできた酢や麦味噌、麦焼酎などが次々と誕生しました。このように日本麹カビで発酵が進むと、米や大豆などに単品では存在しなかった栄養素が生まれ、腸に良いと言われる善玉菌も発生します。さらに料理に使用すると、さらに善玉菌が増殖し、「和食」の旨味成分であるアミノ酸やグルタミン酸を作り出し、それを食べた人間の体内の粘膜を強くしてくれるのです。また善玉菌の発生が進むと、腸の掃除も行われ、便秘も改善し美肌作りに貢献します。今は食の欧米化が進み、和食を月に数えるほどしか食べない女子も多くなりましたが、ダイエットと美容のために、まずは朝から「和食」生活を始めましょう。

日本独自の美肌調味料を知っておこう!

日本人のDNAに組み込まれている伝統の発酵調味料とその美容効果をお伝えします。

醤油 大豆と小麦を日本麹カビで発酵させ、塩を加えたもの。大豆から出たグルタミン酸には細胞の活性化が期待できるので肌荒れ改善にオススメ。

味噌 奈良時代に醤油になる発酵途中のものを食べたところ、美味だったため、「未醤」(みしょう)として食されるようになったのが起源。女生理不順を改善するイソフラボンや、ダイエット効果が期待できるギャバも含まれている。

日本酒 白米を日本麹カビで発酵させたもの。発酵過程で生まれる美白に効果のあるチロシナーゼでシミ、そばかす、くすみを改善

みりん もち米を日本麹カビで発酵させたもの。発酵課程でアミノ酸やアルコール、酵母菌も発生するため甘くなり、ニキビ改善や保湿、ダイエットに効果のあるアミノ酸を含有

 米酢、穀物酢は白米や小麦を日本麹カビで発酵させたもの。カルシウムの吸収をよくするので、骨や歯、爪を強く美しく

参考:ハウコレ キレイになりたいなら「和食」を食べよう!気になるその美容効果とは? HC

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.07.30
深刻な“孤食問題”を今こそ真剣に考える
近年一人暮らしの高齢者の増加が著しく、…
ライフスタイル
2018.08.30
オメガ3で悪玉コレステロールを追い出し…
ダイエットの敵と思われがちな中性脂肪で…
ライフスタイル
2018.06.29
「月経困難症」の痛みは我慢しないで
あまりに生理痛が酷くて出社できない、家…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング