食事・サプリ

ツナ缶が認知症予防や知能指数の向上に効くって本当!?

ツナ缶が認知症予防や知能指数の向上に効くって本当!?

スーパーで売り切れが続出するほど、一時、サバ缶が大ブームとなりました。実は、いまツナ缶に熱い視線が注がれているのです。DHA研究のスペシャリストで予防医学的機能性食品の研究をしている早稲田大学の教授が「『魚を食べると頭がよくなる』というのは、まぎれもない事実です」と語り、「特に青みの魚には、脳の発達や健康に対して素晴らしい効果をもたらすDHA・EPAが豊富で、なかでもマグロの脂にはDHA・EPAがもっとも多く含まれていて、脳や目などの神経系、記憶の機能を高める作用があり、アルツハイマー型認知症の予防効果があるのです。DHAを一定量、約2年摂った人と、摂っていない人では、記憶機能に明らかな差が出るという研究結果もあります」と発表。 さらに、DHAが効果を発揮するにはがん予防です。「DHAは、がん促進物質を抑える働きを持つことも確認されました。動物実験では特に大腸がんの抑制効果が高いという実験結果が出ています」とまで話しました。これでブームにならないわけがありません。

ツナ缶の驚異の健康効果がコレ!

日本人女性のがんによる死亡率がもっとも高いのが大腸がんですが、ツナ缶を毎日食べて、予防したいですね。さらに、素晴らしい効果があるのがEPAです。EPAは、化学的には合成できない天然の栄養素で、血小板凝集抑制効果や血液をサラサラにする作用があります。血管の若返りや肥満、高血圧、冷え性などの生活習慣病の改善にも役立ちます。このツナ缶の健康効果はまだまだいっぱい…。

■うつ病対策

■アトピー性皮膚炎改善

■糖尿病の合併症予防

■不整脈抑制

■肝機能改善

■慢性関節リウマチ症状緩和

■脳梗塞予防

DHAは、毎日880ミリグラム以上の摂取が望ましいとされ、もっとも多く含まれているのは生マグロの中トロです。毎日3〜4切れ、中トロのお刺身や握りを食べることは経済的に不可能。そこで、 ツナ缶=マグロの缶詰を活用したいのです。ツナ缶には「油漬け」と「水煮」の2種に分けられ、DHA・EPAを効果的に摂取するには、水煮缶を汁ごと使うか、油漬けの油をきって使うか、のどちらかです。油漬けには酸化しにくい植物油の大豆油や綿実油が使われることが多いのですが、これらにはリノール酸が多く含まれていて体内でアラキドン酸に変わります。アラキドン酸には認知症の予防効果もありますが、過剰になると逆に動脈硬化、アレルギー、高血圧などさまざまな病気を促進してしまうのです。これを避けるため、油漬けのツナ缶は油をきって使いましょう。最近はマグロから出る油を調味液として使う、オメガ3系のα-リノレン酸が入っているシソ油や亜麻仁油、オリーブ油を使った油漬けの缶詰も出ていて、これらは油を調理に使っても問題ないので、表示をよく確認してから購入しましょう。また、水煮のツナ缶の場合は、調味液ごと使うことが大切です。缶を開けると煮汁に脂が浮いていますが、これはツナの身からしみ出たDHA・EPAなので、捨ててはいけません。また、ツナ缶のビタミンB群やミネラル、アミノ酸、タンパク質は生のマグロと変わらないので栄養価そのものは高いですが、DHA・EPAはマグロをゆでるときに落ちてしまうため、1缶の含有量は100〜200グラムほど。認知症やがん予防効果を期待するなら、1日の食事で肉や魚を食べつつ、ツナ缶も併せて摂り、さらに『クリルキング』DHA・EPAを追加するのがベストです。  ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:女性自身 認知症予防&知能指数UP!「ツナ缶」がスゴすぎる効果 女性自身

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

ライフスタイル
2018.06.29
睡眠不足と血糖値のビミョーな関係
多少眠れなくても、単なる「睡眠不足」だ…
エンタメ
2019.02.27
クリルオイル&ルイボスティーで花粉の季…
毎年、どことなく春を感じる季節になると…
オススメ記事
2019.01.31
「食べる美容液」スーパーフード7にクリ…
年齢と共に、シミ・シワ・たるみ・くすみ…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング