食事・サプリ

魚嫌いの子供にオススメの美味しいフィッシュメニュー

魚嫌いの子供にオススメの美味しいフィッシュメニュー

魚が苦手な子供に対して有効な対策をここで考えてみましょう。まず、お刺身等の生魚については、いずれ大人になったら食べられるようになるので、離乳食が完了しても急いで生魚を食べられるように頑張らなくてもいいと思いますが、生臭さに関しては、ある程度インターネットでも検索できるので「この魚にはこの方法がいい」というのを調べてみましょう。例えばブリ大根を作るために、生臭さを消すために生姜を使ってみる調理法の他に、まず塩を振って余分な水分を出すという方法があります。この臭みをとるために塩を振る方法はいろいろな魚に対して有効な手段ですから、まずは塩を振ることを行いましょう。このように調理しようと思う魚によって適切な処理法があるので、怠らないようにしましょう。また小骨がある魚は子供の喉に骨が刺さる場合もあります。このリスクを避ける方法として一番有効なのは、割高でも既に骨抜きで市販されている魚を利用して調理することです。スーパーなどで「骨取り」魚を見かけることがありますが、赤ちゃんや乳児期は骨が刺さるという危険も回避できます。

いかにも“魚です”という料理に仕上げないことがコツ

魚の生臭さは塩を振るなどある程度の下準備で気にならない程度になりますので、臭いの問題をクリアしたら、次は見た目の問題に取り組みましょう。いかにも“魚です”という料理法ではなく、魚のムニエル等でバターを使って野菜とまぜあわせるなどすれば、魚をたくさん食べるという印象でなく、野菜とあわせた魚料理というようになります。食べ物の見た目は子供にとってはかなり大きなポイントとなる部分です。ひと手間加えて魚のように見せない、食べやすい魚を選ぶ、洋風にアレンジしてしまう、魚肉ソーセージを活用するを心がけましょう。

手間をかけて

ハンバーグにする、海老フライや竜田揚げなどの揚げ物にしてしまう、というのが有効です。ツミレやハンペンも魚製だといわれるまでは気づかなかったというお子さんも多いのではないでしょうか。

食べやすい魚

食べやすい魚の代表格はシーチキンですが、サラダだけでなく、カレーや肉じゃがの肉をシーチキンに替えたり、ひじき煮にも使えますよ。缶詰めやパウチが一般的なので、調理も楽で助かります。さらに、ちりめんじゃこ等の小魚も、おにぎりに混ぜたり入れたりすると美味しく食べてもらえます。

洋風にアレンジする

カレイ、サーモン等の白身魚のバター焼きは、バターの香ばしさが生臭さを吹き飛ばしてくれるので食べやすくなります。また、ツミレにして肉団子風にするなど、肉と同じ扱いで調理してみましょう。ピラフに魚をほぐしていれたり、卵焼きの中に入れ込んでみるなども簡単に調理できます。また、カジキのピカタもお肉に似ているので食べてくれるはずです。お肉は味付けも子供にも好まれそうな、ハンバーグや焼き肉、から揚げなどたくさんありますが、魚の場合には魚だけ焼く、煮るという調理法も多く見た目がいかにも魚という場合が多く見られます。そこで、ミートボールのように白身などを使って、揚げてからソースをかけると魚と気がつかないこともあります。

魚肉ソーセージを活用する

魚肉ソーセージは子供が好きな場合が多いので、上手に活用しましょう。自宅でたこ焼きパーティーならぬ、魚肉ソーセージパーティーはいかがでしょうか。目の前で調理されるといつもと違った雰囲気を演出できるのでお勧めです。 ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:MARCH 子供の魚嫌いを克服したい!魚食を薦める理由と人気レシピ MARCH

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

オススメ記事
2018.10.30
フィッシュオイルで噂の筋肉BODY美人…
美肌づくりやアンチエイジング、髪の健康…
エンタメ
2019.03.29
子供にできるだけ魚を食べさせたい“ホン…
周囲を海に囲まれ、水産大国として知られ…
ライフスタイル
2018.08.30
内蔵脂肪は生活習慣のチェンジで撃退でき…
ダイエット面からだけでなく、単純に健康…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング