文献・臨床

クリルオイルはアルコールによる肝障害を改善する

クリルオイルはアルコールによる肝障害を改善する

クリルオイルには肝臓保護作用があるが、アルコールによる肝障害を予防できるかどうかは不明である。

そこでアルコール誘発性肝疾患モデルラットにおいて、胆汁酸代謝および腸内細菌叢に対するクリルオイルの効果を調べたところ、胆汁酸の代謝を調節し、腸内細菌叢を変化させることにより、アルコール誘発性肝障害を予防する可能性が確認された。

 

「Antarctic Krill Oil ameliorates liver injury in rats exposed to alcohol by regulating bile acids metabolism and gut microbiota」

The Journal of Nutritional Biochemistry vol107, 2022 May 22

Peiyu Guo 1、Meilan Xue 2、Xiangyun Teng 1、Yanhui Wang 1、Rong Ren 3、Jianmin Han 1、Huaqi Zhang 1、Yingjie Tian 1、Hui Liang 4
1.青島大学人間栄養学部、中国
2.青島大学基礎医学院、中国
3.青島城陽人民病院中医薬部、中国
4.青島大学人間栄養学科、中国

抄録は自動翻訳のよるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

文献・臨床
2022.04.21
クリルオイルの老化防止剤(筋力、認知機…
「老化防止剤としての栄養補助食品が加齢…
オススメ記事
2019.02.27
EPAとDHAの違いや効果についておさ…
クリルオイルを代表とする魚油に含まれる…
オススメ記事
2024.07.02
クリルオイルは全身性エリテマトーデス患…
全身性エリテマトーデス患者ではオメガ-…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!