文献・臨床

クリルオイルを添加した低比率のn-6 / n-3 PUFA食餌は、卵巣切除されたマウスの炎症を軽減することにより、変形性関節症から保護します

クリルオイルを添加した低比率のn-6 / n-3 PUFA食餌は、卵巣切除されたマウスの炎症を軽減することにより、変形性関節症から保護します

最も一般的な関節炎である変形性関節症(OA)は、軟骨の破壊を特徴とし、その発症率は骨粗鬆症患者で非常に高くなっています。OAの発症と進行は、食事からの多価不飽和脂肪酸(PUFA)の摂取量によって調節されるという証拠が増えてきています。本研究では、リン脂質タイプのn-3 PUFAをより詳しく調査するため、骨粗鬆症性変形性関節症デュアルモデルマウスを用いて、n-3/n-6 PUFAの割合やn-3 PUFAの分子形態を含む食事性PUFAのOAへの影響を検討しました。その結果、n-6/n-3 PUFAの割合を1:1から6:1と低くすることで、軟骨の構造が有意に改善され、関節軟骨の多糖類の減少が抑制されました。さらに、低比率のn-6/n-3 PUFA飼料は、Gタンパク質共役型受容体120(GPR120)を活性化することでNF-κBシグナル経路を阻害し、炎症を抑制するとともに異化作用を抑制しました。リン脂質型のn-3系PUFAを豊富に含むクリルオイル(AKO)は、アマニ油(植物由来のn-3系PUFA)よりもOAに対する効果が高く、これはペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ(PPAR γ)によるものと考えられた。以上の結果から、特にAKOを含む低比率のn-6/n-3 PUFA食が炎症を緩和し、関節軟骨の変性を抑制することが示唆されます。したがって、食事療法は、OAの治療法として期待できる可能性があるといえるでしょう。

 

 

 

「A low proportion n-6/n-3 PUFA diet supplemented with Antarctic krill ( Euphausia superba) oil protects against osteoarthritis by attenuating inflammation in ovariectomized mice」

Food&Function. 2021 Aug 2;12(15)

Yufeng Dai 1、Lei Zhang, Ziyi Yan, Zhuo Li, Meng Fu, Changhu Xue, Jingfeng Wang

1.(中国海洋大学、中国食品科学工学部)

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2019.03.29
子供にできるだけ魚を食べさせたい“ホン…
周囲を海に囲まれ、水産大国として知られ…
ライフスタイル
2018.05.30
40代からの「ユルふわダイエット」のス…
40歳を過ぎたころから、以前は「ちょっ…
オススメ記事
2018.04.23
意外と知らない肌老化と酸化の関係
最近、シミが増えたみたい… しわが深く…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!