エンタメ

魚嫌いの方にこそオススメしたいクリルオイルのオメガ3

魚嫌いの方にこそオススメしたいクリルオイルのオメガ3

一昔前のドラマや映画では、魚を中心とした和食が食卓に並んでいました。しかし、現代では食卓には肉料理が並ぶことが多く、自然と魚離れしてしまうようになりました。骨抜き加工をしていない魚しか食べられない子どももいて、残念なことに私たちの生活から魚は離れつつあります。どうして魚は食卓に並ばなくなったのでしょうか? 魚は頭によく効くDHAが豊富に含まれていますが、魚嫌いという悩みを持つ人も多くいます。魚には独特の生臭さがあります。また骨も悩みのタネで、食べるときに骨を取り分ける面倒くささから、進んで食べようという気が起きない…。喉に刺さる骨があるからという人もかなり多くます。そしてその価格です。一般的に魚は、牛肉や豚肉に比べて、少し高額で、お金に余裕がない学生や若者が、毎日魚ばかりというのは経済的にも厳しいのです。また魚料理はを手間がかかり、刺し身をするには包丁テクが必要です。こうした事情からDHA・EPA摂取のため魚の重要性は分かっていても、なかなか食べるのは難しいのです。

魚嫌いでもDHA・EPAは必須な栄養成分です!

DHAはマグロ、カツオ、サンマ、サバに多く含まれ、EPAはイワシに多く含まれていて、最近は『クリルキング』をはじめ、DHA・EPAのサプリメントが多く販売されています。これも毎日魚を摂るのは難しいと考える人が多いため需要が高く、サプリメントでも簡単にDHA・EPAが摂れます。でも、魚には良質なたんぱく質や、カルシウムなども含まれていますので、サプリメントを摂っていれば、魚を食べなくてもよいのではなく、まずは食事から摂ることを心がけて、摂れなかった日の補給や魚嫌いの方の救世主としてサプリメントを上手に利用しましょう。では1日どんな魚をどのくらい食べればよいのでしょうか? 刺身ならマグロ(トロ)で4~5切れ、ブリで6~7切れ、焼魚ならサンマで約半尾、小型イワシで約2尾、缶詰ならサバ水煮缶(190g)1/4くらい、イワシ味付け缶(100g)1/2くらいが理想の1gが摂れる量です。これくらいなら毎日食べられそうですが、クリルオイル等の油分の多い魚200~300gを週に3回程度食べることも有効と言われています。

そこでオススメなのがサプリメントによる栄養補給

残念なことに、私たちの体内ではDHAは生成することができないので、食事から摂取するしかありません。魚以外の肉や卵でもたんぱく質やDHAは摂取はできますが、残念ながら魚ほど豊富なDHAは含まれていないのが現状です。さらに、魚、肉、卵など、アレルギーを持っている人も多くいらっしゃいます。「生臭さ」「値段」「面倒くささ」「調理の手間」「アレルギー」そんな理由から、オメガ3のDHA・EPAを摂取したい、でもなかなか思うように摂取できない…。あきらめないでください。実に単純な解決方法があります。『クリルキング』等のサプリメントを活用すればいいのです。本来サプリメントとは、こういう場合のために準備されていて、オメガ3のサプリメントは、今や一般的なのです。魚が苦手でもサプリメントなら、水で飲み込むだけです。もちろんサプリメントに頼っているばかりの食生活はオススメできませんが、アレルギーのような事情がある場合には、大いに活用して欲しいと思います。その名の通りに、栄養を補助する食品ですから、これこそが最も適した使い道なのです。  ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:HappyLifeStyle 魚嫌いは、DHAのサプリメントを活用すればいい。 HappyLifeStyle

参考:旬なニュース・情報 【子どもの魚離れは深刻、子供や若者が魚を食べなくなった本当の理由とは】 旬なニュース・情報

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.05.30
体内環境を調整するホメオスタシスは専任…
ホメオスタシスという言葉をご存知ですか…
エンタメ
2018.08.30
イライラしがちな生理痛を和らげるための…
毎月訪れる女性の生理。個人差こそありま…
ライフスタイル
2019.03.29
アンチエイジングとライフスタイルの密接…
このサイトをご覧いただいている皆さんは…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング