オススメ記事

クリルオイルは全身性エリテマトーデス患者の疾病活動性を改善する

クリルオイルは全身性エリテマトーデス患者の疾病活動性を改善する

全身性エリテマトーデス患者ではオメガ-3脂肪酸が欠乏していることが報告されており、オメガ3脂肪酸はこの疾患に特徴的な進行性の炎症に関与している可能性がある。本研究の目的は、全身性エリテマトーデス患者におけるオメガ-3脂肪酸欠乏の程度を明らかにすること、およびオメガ-3脂肪酸を豊富に含むクリルオイルの濃縮エキス(AKBM-3031)を補充することにより、全身性エリテマトーデス患者における欠乏を克服し、疾患活動性を低下させることができるかどうかを明らかにすることである。

本試験は、全身性エリテマトーデス患者79名を対象にクリルオイル濃縮エキス(4g/日)群と、プラセボ群に分け、無作為二重盲検比較多施設共同試験を行った。患者はクリルオイルまたはプラセボを24週間摂取し、プラセボ患者はその後の24週間、クリルオイルの摂取を選択することができ、クリルオイル群はそのままクリルオイル摂取を継続した。クリルオイルを4週間投与したところ、オメガ3指数は有意に上昇し、オメガ3指数の増加は、48週間の試験期間を通じて持続した。注目すべきは、24週目にプラセボ患者がプラセボからクリルオイルに変更したとき、オメガ3指数が急速に上昇したことである。群間比較では、疾患活動性に有意な変化は認められなかったが、クリルオイル群内でベースライン時の疾患活動性が高かった患者において、4週、8週、16週の時点でSLEDAI-2K指標にて測定した疾患活動性に有意な減少が認められた。以上のことから全身性エリテマトーデス患者のクリルオイル摂取は、これらの患者に特徴的なオメガ3欠乏を速やかに改善する。これらの結果は、活動性の全身性エリテマトーデス患者におけるクリルオイルによるオメガ-3欠乏症の改善効果を示唆するものであり、より大規模な検討が必要である。クリルオイルは安全であり、重篤な有害事象は認められなかった。

 

「CORRECTION OF OMEGA-3 FATTY ACID DEFICIENCY AND IMPROVEMENT IN DISEASE ACTIVITY IN SLE PATIENTS TREATED WITH A CONCENTRATED EXTRACT OF KRILL OIL (AKM-3031)」            BMJ Journals Annals of the Rheumatic Diseases Vol 82,Issue Suppl 1                   J. E. Salmon1、D. J. Wallace 2、V. Rus 3、P. Lipsky 4
1.リウマチ特殊外科病院、アメリカ
2.シーダーズ・サイナイ・メディカル・センター、リウマチ科、アメリカ
3.メリーランド大学メディカル システム、リウマチ科、アメリカ
4.AMPEバイオソリューションズ、アメリカ

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

美容
2018.05.30
シミ・くすみにアスタキサンチンで克つ!
肌の悩みとして、常にランキングの上位に…
ライフスタイル
2018.12.27
アスタキサンチンは優秀な疲労回復トレー…
人間は運動をすると乳酸が溜まってすぐに…
エンタメ
2018.04.04
謎食材を堂々とふりかける、もこみちさん…
4月4日放送のMOCO’Sキッチンでの…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!