オススメ記事

ビフィズス菌F1-7とクリルオイルの組み合わせは動脈硬化を抑制する可能性がある。

ビフィズス菌F1-7とクリルオイルの組み合わせは動脈硬化を抑制する可能性がある。

クリルオイルとビフィズス菌の組み合わせによる動脈硬化の改善効果を調査した結果、ビフィズス菌 F1-7とクリルオイルの併用により、動脈硬化性プラークの面積が有意に減少し,血清脂質および炎症因子のレベルが改善されることが示されました。

ビフィズス菌F1-7は、クリルオイルによる炎症改善と動脈硬化の緩和において相乗効果を発揮する可能性があります。

 

「Krill Oil Combined with Bifidobacterium animalis subsp. lactis F1-7 Alleviates the Atherosclerosis of ApoE−/− Mice」

Foods 2021, 10(10), 

Xi Liang,Zhe Zhang,Youyou Lv,Haiyan Lu,Tongjie Liu,Huaxi Yi,Maozhen Zhao,Lanwei Zhang,Pimin Gong 

中国海洋大学、食品科学工学部

抄録は自動翻訳によるものです。

詳しくはこちら
記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

文献・臨床
2023.07.26
クリルオイルはアルコールによる肝障害を…
クリルオイルには肝臓保護作用があるが、…
エンタメ
2018.12.27
「ファストフィッシュ」は深刻な魚離れに…
水産王国わが日本で深刻な魚離れが続いて…
オススメ記事
2018.04.23
摂取時刻でDHAの効果が倍増する!?
平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート!