食事・サプリ

DHA・EPAが不足すると思わぬ健康被害が起こるのです

DHA・EPAが不足すると思わぬ健康被害が起こるのです

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の健康効果について、これまで驚く程たくさんの事実がわかっていきました。特に、その重要な役割として血液サラサラ効果と、脳細胞に直接働きかけて活性化させる効果などは広く知られています。そして、その血液サラサラ効果の原因は血中の脂質濃度を下げる働きや固まりにくくする働きがDHA・EPAにあるためです。だからこそどちらも不足すると、血液の粘度が高くなってしまい固まりやすくなることから思わぬ心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病等々の深刻な病気の進行が考えられるのです。さらにDHA・EPAには中性脂肪やコレステロールにも働きかけて下げる力があるため、不足した場合には数値が上がり疾患を誘発することも…。脳のへの作用についても、摂取することで脳の細胞膜が柔らかくなり活性化するといわれていて、脳の伝達組織の中核を担うのもDHAの仕事だと言われています。ですから、DHA・EPAが不足すると学習能力や脳の発育はもちろん、加齢によるDHAの減少から記憶障害や脳血栓の心配が出てきます。そして、最近は皮膚の角質層を丈夫にする効果や、花粉症などのアレルギー疾患、癌の治療などにも効果があると言われています。

年齢とともに失われた栄養素をサプリメントで毎日補う

そこで、年齢とともに不足しがちなDHA・EPAを生活の中で摂取する工夫が重要となってきたのです。ただし、DHA・EPAばかりを摂り過ぎても良いわけではありません。何事も度が過ぎると栄養が偏ってしまい、また他の細胞へと支障が出てくることがあるのです。なによりも食事でいちばん大切なことは栄養素のバランスです。毎日、多種多様なな食材や調理法で栄養素を数多く摂るように心掛けながら、健康な身体を手に入れるのが理想的な方法だと思います。さらに、どうしても栄養素が不足したり偏りがちな場合は、『クリルキング』等のサプリメントで補うことをオススメします。私たちの身体で、食事だけは補いきれない栄養素はたくさん存在しますので、年齢とともに失われがちな栄養素を必要な量だけ毎日きちんと補うように工夫することで、毎日の食事にも極端に神経質にならなくてすみます。

DHAの精神面に対しての効果

あまり知られていないかも知れませんが、DHAが人間の身体に与えてくれる効果のひとつとして、精神的に安定させてくれるというものがあることをご存知ですか。とかくDHAというと、血液循環をよくして生活習慣病を改善させたり、脳の働きをよくして痴ほう症や学習能力をあげたりする効果が広く認められていますが、実はそれだけにとどまらず、精神面に対しても効果が結果として表れることが研究からわかってきました。そこで、ある企業の実験結果から説明させていただくことしますが、その実験の方法として、敵意性をもつ割合をパーセントで表示することとし、DHAを摂取した場合の敵意性の変化を見ていきます。DHAを摂取するグループと、他の油を摂取するグループにわけて3か月後に変化をチェックします。するとDHAを摂取した場合では、摂取前とくらべると摂取後は、約5〜6%敵意性が下がっていたのに対し、他の油では約6〜7%敵意性があがるというような結果が見られたということです。このように、DHAには精神を安定させ、キレにくくすると言う働きがあるのです。   ★記事提供:ウェルネスライフ

参考:DHA情報館 DHA・EPAが不足するとどうなるの? DHA情報館

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

エンタメ
2018.08.30
酷使しがちな「働く目」にアスタキサンチ…
パソコン、スマートフォン…。私たちは日…
ライフスタイル
2018.07.30
深刻な“孤食問題”を今こそ真剣に考える
近年一人暮らしの高齢者の増加が著しく、…
オススメ記事
2018.11.29
冬太り予防ダイエット成功のコツ教えます
クリスマス、忘年会、お正月と色々な飲み…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング