食事・サプリ

その膝の痛みの原因は「変形性膝関節症」かも…

その膝の痛みの原因は「変形性膝関節症」かも…

現在日本では、40歳以上で膝の痛みに悩む方は全国で800万人(推定)いるとされています。そのほとんどが「変形性膝関節症」によるもので、年齢とともに膝関節の軟骨の質が低下、少しずつすり減ってしまうことから歩行時に膝にひどい痛みが出現する病気が「変形性膝関節症」です。平地での歩行は大丈夫でも、階段では膝の痛みで登りにくい、普通の歩行時には膝の痛みはないけれど、正座は膝が痛くてできない… などが、初期の変形性膝関節症の症状です。ここからさらに「変形性膝関節症」が進むと、次第にO脚となって階段のみでなく平地での歩行にも支障をきたすようになります。旅行などの特別な場合ではなく、日常生活で支障をきたすようになると、かなり「変形性膝関節症」が進行している可能性が高いと言われています。また、女性に発生することが多く、加齢・肥満・外傷なども「変形性膝関節症」の発症に関与していると考えられます。膝は体重負担が大きくかかる過酷な部位のため、「変形性膝関節症」の発症を防ぐためには体重を増やしすぎないようにコントロールすることが重要。さらに、運動等で膝周囲の筋力を保持することも、膝への負担を軽減させるためには有効だと考えられています。

「変形性膝関節症」の原因とは…

加齢や体重によって膝の痛みは徐々に進行しますが、さらに過度の体重増加は膝の軟骨損傷を進行させる危険を伴います。「変形性膝関節症」は、膝関節の軟骨がすり減ることで慢性的な炎症や変形が生じて膝に痛みが現れる病気で、原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や遺伝が大きく影響します。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症する場合もありますが、ほとんどが加齢により関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎからすり減り関節が変形して、膝を動かした時に生じる痛みで、特に、椅子から立ち上がるときや歩き始めの数歩が痛むことが多いと言われています。「変形性膝関節症」が進行すると痛みはますます強くなり、関節の可動域も狭くなって、常に生活に大きな影響を及ぼすようになります。高齢者になるほど罹患率は高くなりまが、主な症状は痛みと水がたまること。初期段階は動作の開始時の痛みは休めばとれますが、中期には正座や階段の昇降が困難となり、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝が伸びず歩行が困難になります。通常、人は立ち上がると膝のお皿と呼ばれる膝蓋骨の形がみえますが、関節水腫になると、たまった水のせいで膝のお皿が見えなくなります。また、関節水腫は膝の曲げ伸ばしにも影響します。

「変形性膝関節症」の予防

「変形性膝関節症」を日常生活で予防するには

●ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える

●できるだけ正座をさける

●肥満であれば減量する

●膝をクーラーなどで冷やさず、温めて血行を良くする ●洋式トイレを使用する 等が挙げられます。

また、50歳を過ぎると、健康な人でも筋肉が萎縮してきます。40代の 頃と同じような日常生活を送っていると筋力は低下する一方ですから、気軽にランニング やウォーキングを始めると効果的です。でも、いきなり走ることは膝の痛みの原因をつくり ます。運動していない人は、まずはウォーキングから始め、膝に問題がないことを確認して からジョギングというように、徐々に体づくりをしましょう。また、オメガ3脂肪酸には関 節軟骨の変性を遅らせる役割を果たすとされていて、クリルオイルには関節炎を緩和させ る働きがあるとされています。

参考:日本整形外科学会「変形性膝関節症」 日本整形外科学会
参考:順天堂大学医学部附属順天堂医院 整形・スポーツ診療科 変形性膝関節症 順天堂大学医学部附属順天堂医院

記事一覧へ

カテゴリー

注目記事

美容
2019.04.25
5月の紫外線は真夏と同じくらい怖いので…
「まだまだ夏前だし、爽やかな季節だから…
ライフスタイル
2018.07.30
深刻な“孤食問題”を今こそ真剣に考える
近年一人暮らしの高齢者の増加が著しく、…
オススメ記事
2019.02.27
EPAとDHAの違いや効果についておさ…
クリルオイルを代表とする魚油に含まれる…
どろどろからさらさらの生活へ! 健康的な毎日をサポート! クリルキング